MyPoket

好きなことを好きな時に書く

Apple USキーボードを約6ヶ月使った感想

スポンサーリンク

f:id:karimonotaso:20160225222442j:plain

長年Windowsユーザーだった自分ですが、去年MacBook pro retinaに買い替えUSキーボードにカスタマイズしました。約半年使った感想をまとめます。

意外と慣れる

リターンキー(Windowsで言うエンターキー)が小さいから押しにくそう!と思ってる方 安心してください、履いてますよ!すぐ慣れますよ! いつの間にか小さなリターンキーを右手小指でミスらずに押せてますからね。小さいリターンキーの大きさと場所を手が覚えるので大丈夫です。変換の仕方がUSキーボードはcommand+スペースになっており、caps lockを変換にわり当てる方法もあるようです。僕は替えずにそのまま使用していますが、別に面倒だとは思いません。

ライブ変換最高

Elcapitanになり、追加された機能です。たまに変換がうまくいかない時があり違和感を感じる方もいますが、僕はもうこれじゃないと変な感じがしますよ。

見た目が良い

日本語が印字されてごちゃごちゃした感じが無く、すっきりしてます。バックライトで光らせるとまた一段とカッコ良いですよ。バッテリー消費するので僕はほとんど発光させるとことはありませんけどね。

USキーボードのデメリット

Apple Store・Apple Online Storeでしかカスタマイズ注文できないので注意しましょう。本体が高いですがキーボードのカスタマイズは無料です。親指シフトのような「かな入力」をする場合はひらがなが印字されてないので難しいです。

おわりに

僕はUSキーボードを使い始めて約半年ほどになりますが、USキーボードに変更して良かったと思っています。購入前は少し不安がありましたが、やはり使っていると慣れるので購入を検討される方は心配する必要はなさそうです。シンプルな見た目に所有感が満たされています!
ちなみに、ローマ字入力・かな入力だと「かな入力」の方が入力スピードは早くなるので早く打ちたい・パソコン入力スピード認定試験で上級を目指したい!という方は最初から「日本語キーボード」で親指シフトを覚えましょう。

(Photo By :Day 127/365 Double Cliche [Explored] By Alex Garcia}])

Copyright © 2016 MyPocket All rights reserved.