MyPoket

好きなことを好きな時に書く

ライカのダブルレンズで高画質!HUAWEI P9レビュー

スポンサーリンク

f:id:karimonotaso:20160701223443j:plain

更新2017.1.7

 

スマートフォンはiPhone5Sから毎年iPhoneを変えていましたが、ついに!三年ぶりにandroid端末に変えました!人生初のSIMフリー端末でございます。ドキドキです。

 
機種は発売されたばかりのHUAWEI P9にしましたので、開封から数日使った感想を書いていこうと思います。夫婦揃ってP9の色違いにしたので両カラー紹介していきます。

 

HUAWEI P9の特徴

まず、HUAWEIって聞き慣れないメーカーと言う人も居ますが、主にSIMフリー端末を取り扱う中国のメーカーで、有名な端末だとGoogleのnexus6Pを製造しています。
 
中国の企業と聞くと「怪しい!!大丈夫なの?!」と思ってしまいましたが、今回P9を購入してみて、疑いは全て晴れました。性能も作りも問題なしです。
安かろう悪かろうとは違います。安くて良いのです。
 
そんなHUAWEIのフラグシップ機P9の主な特徴を簡単に説明すると、
  • ライカと共同開発されたダブルレンズカメラ
  • NFC搭載
  • オクタコアCPUに3GBのメモリ搭載
  • 内臓ストレージ32GBに加えてmicroSD対応
  • iPhoneのTouchIDにも劣らない指紋認証搭載
主に5点。そしてハイスペックな割に安いのです。
 

P9は楽天モバイルで契約しました。 機種によってはセールなどで時々安くなる時があるので、格安SIMを検討されている方はチェックしてみてください。

関連auから楽天モバイルにMNP!月額約8,000円安くなったけど快適 - My Pocket

開封の儀

f:id:karimonotaso:20160701222858j:plain

スマホのパッケージにしては珍しい形ではないでしょうか。iPhoneのパッケージのような縦長ではなく、パッケージの質感はザラザラしております。
 
楽天モバイルにMNPしたらnanoSIMカードと、huluが1ヶ月0円でお試しできる冊子が付いていました。
hulu限定配信の海外ドラマ「HEROES REBORN」が見たかったので、ちょうど良かったです。
 

f:id:karimonotaso:20160701222859j:plain

後述しますが、この機種の特徴としてライカと共同開発したカメラを搭載しているのでライカのロゴがパッケージに入っています。
 

f:id:karimonotaso:20160701222900j:plain

裏はこんな感じ。
 左側のシルバーのシールを剥がして開封します。

同梱物は盛り沢山

f:id:karimonotaso:20160701222825j:plain

黒いカラーがチタニウムグレー、白いカラーがミスティックシルバーというカラー名です。

薄いフィルムが一部張り付いて黒く見えます・・・少し残念な感じがしましたが、画面はきれいでした。

 

f:id:karimonotaso:20160701222826j:plain

f:id:karimonotaso:20160702223245j:plain

 
本体の乗ったトレー(?)を持ち上げると、本体の下にクリアケースとSIMカードを取り出すピン、そして説明書・保証書にクリアケース。
左側の箱には、USB-Cケーブル、ACアダプター、イヤホンが入っていました。
 
スマートフォンにクリアケースが付属されているって珍しいですよね。
 
あと、 USB-Cに変換するアダプターが1個付属されているので便利です。自分は知らずにANKERの変換アダプターを購入してしまいましたが・・・
 

f:id:karimonotaso:20160701222830j:plain

モバイルバッテリー用・車内用・会社用など使い道はあるので、買っておいて損はしないです。2個セットで800円しないくらい。

ケースは別売りで購入

f:id:karimonotaso:20160701222846j:plain

付属のクリアケースです。カメラ周りの白い部分は大きく開いてます。
 

f:id:karimonotaso:20160701222848j:plain

f:id:karimonotaso:20160701222847j:plain

質感はサラサラしていて良いんですが、右側のボタン周りと、USBケーブル差込口付近もざっくり開いているため、これが嫌な人は注意です。
僕は嫌だったので、別でケースを買いました。
 

f:id:karimonotaso:20160701222849j:plain

spigenのケースにしました。米軍のMIL規格に適合されているらしく安心感があります。ケースの素材はTPU

 

f:id:karimonotaso:20160701222851j:plain

f:id:karimonotaso:20160701222850j:plain

ボタンは完璧に覆われていますが、押した感じは違和感なし。イヤホン・USB差込口は細かく開口しているので傷がつきにくくなっています。

 

f:id:karimonotaso:20160701222853j:plain

f:id:karimonotaso:20160701222852j:plain

指紋認証部分も綺麗に開いています。裏面の上部・下部がカーボン調になっています。

このケースは黒色しかないので、チタニウムグレーの本体に似合います。

本体を見ていく

本体を細かく見ていきます。

 

f:id:karimonotaso:20160702194758j:plain

まずはNANO SIMカードとmicroSDカードのトレーから。
P9本体の容量は32GBもあるんですが、心配なので64GBのmicroSDカードを購入しました。
最大128GBのmicroSDカードに対応しています。
 
読み込み速度が速い・価格が安い・評価も良いというシリコンパワーのmicroSDカードを選びました。
amazonのレビューに、カードの厚みがあると書かれていますが、P9には問題なく使えています。

f:id:karimonotaso:20160701222831j:plain

全体はこんな感じ。縁が狭い!

 

f:id:karimonotaso:20160702222334j:plain

ディスプレイサイズは約 5.2インチのFHD(1080x1920ドット)でIPS液晶です。iPhone6s Plusのディスプレイと見比べても劣らず綺麗で感度も良好です。

ホーム画面はNOVA launcherに変更しています。

Nova Launcher ホーム
Nova Launcher ホーム
無料
posted with アプリーチ

 

f:id:karimonotaso:20160702222332j:plain

視野角は広いほうだと思います。

 

f:id:karimonotaso:20160701222835j:plain

ディスプレイ上部にあるインカメラは800万画素です。これはiPhone6Sの500万画素、iPhone6の120万画素に比べて画素数がかなり高いです。

 

液晶保護フィルムには、ミヤビックスの傷修復液晶保護フィルムを購入しました。

ミスティックシルバーのほうは綺麗に貼れましたが、チタニウムグレーのほうはなぜか周りが浮いている・・・

個体差なのか?!ちょっと気になるので他のフィルムを検討中・・・。

f:id:karimonotaso:20160702222340j:plain

ディスプレイ周りはエッジ加工されているので、フィルムは端までありません。
 

f:id:karimonotaso:20160702222338j:plain

メーカーによって、フィルムの大きさはまちまちなので購入前に確認しておいたほうが良さそうです。

 

f:id:karimonotaso:20160701222841j:plain

左側面はこんな感じ。 SIMカード収納部があります。

 

f:id:karimonotaso:20160701222839j:plain

右側面には音量ボタン、電源ボタンがあります。 大きさも違いますが、さわり心地も違うのでポケットの中でも操作しやすいです。

 

f:id:karimonotaso:20160701222843j:plain

上側面には穴が一つ...なんの穴だろう。

 

f:id:karimonotaso:20160701222840j:plain

下側面にはイヤホンジャック、USB-C差込口、スピーカーがあります。

USB-Cってlightningケーブルみたいに表裏関係なく差し込めるので良いですね。

 

f:id:karimonotaso:20160701222838j:plain

裏面にはライカと共同開発されたダブルレンズのカメラ。画素数は1200万画素です。

 

f:id:karimonotaso:20160701222836j:plain

カメラの下には指紋認証があります。

この部分に指を当てて、ロック解除や、スリープ状態からの復帰、上下にスワイプすると通知センターの表示、プリインストールされているギャラリーでの写真を表示中に、左右にスワイプすることで次の写真を表示させることができます。

iPhone5s以降に搭載されているTouchIDはホームボタンは、指の汚れや脂が付いてしまい、なかなかロック解除できたなかったりすることもありますが、P9の背面についた指紋認証ならそういうこともありません。 認証精度もかなり良いです。

1passwordなどのアプリと連携できないのが残念。

 

場所がはっきりわからないのですが、背面カメラ、指紋認証の近くにNFCが搭載されています。

お財布ケータイというのは使ったことがないのでわからないのですが、僕が使っている一眼レフEOS80DはP9とNFCで通信して写真が送れるので便利になりました。

 

関連上級機に迫る高性能一眼レフ!CANON EOS80Dを購入! - My Pocket

 

EOS80DにP9を当てるだけで、アプリが自動で開いて接続されます。

 

f:id:karimonotaso:20160701222844j:plain

裏面下部にはHUAWEIのロゴとiPhone6にあるようなラインが横に入っています。電波関係ですかね?

P9で撮った作例

食べ物の写真ですが、参考になれば。プリインストールされているカメラアプリで撮って出しです。
 

f:id:karimonotaso:20160701222854j:plain

 
F値やシャッタースピードを操作でき、raw形式で出力する事ができるなど、一眼レフカメラのような撮影をすることができます。
 

f:id:karimonotaso:20160701222855j:plain

 
raw形式で出力可能ということは、ライトルームで編集できるので作品作りが本格的に可能です。
 

f:id:karimonotaso:20160701222856j:plain

 
また、撮影した後にフォーカス位置を変更することも可能です。
パナソニックのLUMIXで言う「フォーカスセレクト」のような機能ですね。
 

まとめ

f:id:karimonotaso:20160702222336j:plain

3年前androidを使っていた時は、とにかくバッテリーが持たない・挙動がおかしいなど不満ばかりでiPhoneに変えたので、今回androidスマートフォンP9に変えて大丈夫なのか心配でしたが、全然そんな心配は不要で使い心地は快適です。

iPhone6S plusに比べて少しバッテリーの減りが早いような気がします。でもほんの少しだけ。

 

カメラは綺麗だし、wi-fiは11acで高速通信対応、NFC・指紋認証搭載と、フラグシップ機なだけあって多機能。本体の作りも良く満足できる1台です。

防水だったらもっと良いんですけど、約6万円という価格を考えると妥当ですね。

良い相棒になりそうです。EOS80Dのサブカメラとしてもどんどん使っていきたいです。

本体価格はリンク先でご確認ください。

Copyright © 2016 MyPocket All rights reserved.