MyPoket

好きなことを好きな時に書く

MacBookPro retina15インチ 1年使用レポート

スポンサーリンク

f:id:karimonotaso:20160810222725p:plain

windows歴十数年の自分が、初めてAppleのPC「MacBook pro retina」を購入してもう直ぐ1年。この1年間の使用感をまとめます。

使用モデル

f:id:karimonotaso:20160810214511j:plain

僕が購入したモデルは、MacBook pro retina 15 mid2015です。 カスタマイズ無しで一番価格の高いやつをUSキーボードにカスタマイズしています。

Retinaディスプレイは普通に綺麗

15インチMacBook Pro retinaでは、手入れの仕方などにより「Retinaディスプレイのコーティングが剥がれる問題」があるので、画面の手入れに神経質にならなくても気軽に拭けるようにアンチグレア液晶保護フィルムを貼っています。

このフィルムはアンチグレアなので反射を防ぎます。照明や自分の顔が写り込まないため見やすく目に優しいのですが、やはり何も貼らないほうが、より綺麗だと思います。

打ちやすいキーボードだが光らせることはない

汚れ防止・ジュースこぼしても大丈夫なようにキーボードカバーを貼っています。おかげで何度か救われたことが・・・。使用感は変わらず打ちやすいです。

1年間使ってきて、キーボードを光らせることはほぼありませんでした。暗い部屋で使うことはまずないですし、バッテリー減りますからね。

USキーボードにしましたが、特に不満なく使っています。シンプルでカッコよく、Apple Storeでのカスタマイズが+0円なのでオススメです。

関連Apple USキーボードを約6ヶ月使った感想

トラックパッド便利すぎる

2本指で上下にスクロール、3本指を横にスワイプで画面の切り替えなど、Macにして一番便利だと感じた部分でもあります。僕の購入したMAcBookから、トラックパッドを押し込んでクリックする「Force Touch」が追加されています。この機能で、わからない単語をForceTouchで辞書検索できるのが便利です。

もうトラックパッド無しのPCは考えられませんね。もしiMacを購入しても、僕はMagic Trackpadを同時に購入するでしょう。

余裕のハイスペック

カスタマイズしなくても、クアッドコア core i7、メモリー16GB、SSD 512GB、個別でグラフィックボード搭載など、普通に使うには十分すぎるハイスペックです。

ここまでのスペックが必要かどうかと聞かれると、常に必要というわけではありませんが、動画編集や、RAW現像、chromeのタブを開きまくった時でも動作がもたつくことはありません。いざという時にも余裕のあるハイスペックを選んでよかったと思っています。

また、HDD内臓のwindows機を使っていたときは、起動が遅く、フォルダにアクセスするとワンテンポ遅れるし、ファイルの読み込みは遅いなど全体的に遅かったんですが、SSDだとかなり早いです。起動する時以外は待たされることはほぼありません。容量に対して高価なのがネックですね。

意外と高音質なスピーカー

キーボード横にあるから聞こえやすいというのもあると思いますが、意外に高音質です。僕は外部のスピーカーを持っていないので比較できませんが、そんなにこだわりない方なら、かなり満足できる音質だと思います。

この小さなスピーカーから音量はかなり大音量まであげることができるところも少し意外でした。

まとめ

1年間使ってみて、windows機に比べてものすごく使いやすく、ひんやりとしたアルミボディは所有感も存分に感じることができ、もっと早く変えてればよかったと思いました。ノートPCなので、場所を選ばず使用できるところも良いところだと思います。iPhoneはandroidのhuawei P9に変えましたが、PCはMac一択ですね。変えることは無いでしょう。

大事に長く使っていきたいと思います。

 

Copyright © 2016 MyPocket All rights reserved.